システムによって違う?受験対策で塾を選ぶ時のポイント


集団指導塾の特徴と注意点

受験対策の塾選びで大事なポイントの一つに挙げられるのがシステムの違いです。進学塾は大きく集団と個別の2種類に分類されていて、それぞれに特徴が異なります。集団指導塾とは、講師1人に対して複数の生徒を教えるスタイルです。塾によって若干の違いはありますが、1クラス辺り平均10人から20人程度と言われています。集団指導塾は他の生徒と一緒に勉強をすることで、他の人に負けたくないという競争意識を持たせられるのが大きな強みです。ライバルとの競争に打ち勝つ受験においてこの点は重要と言えます。ただし、授業は全体のレベルに合わせて進められるので、周囲と学力に違いで挫折してしまうケースも少なくありません。集団指導塾を選ぶ時は、塾のレベルをしっかりと見極めることが大切です。

個別指導塾のメリットとデメリット

集団指導塾とは対照的に、講師1人に対して生徒数人という少数で授業が行われるのが個別指導塾です。共に勉強をする生徒の数が少ないことで、自分のペースで勉強ができるのが特徴に挙げられます。人と競い合うことを苦手とする子供にとってこの点は大きなメリットです。また、講師に直接教えてもらえるので苦手を克服して得意科目を伸ばすという効率の良い勉強ができるのも魅力と言えます。ただし、集団指導塾に比べて費用が若干高めに設定されているので、トータルの出費が高くなってしまうケースも少なくありません。塾によってはマンツーマンで指導するスタイルの所も多く、その場合はさらに費用が高くなります。

個別指導のメリットは、個人の学習レベルに合ったきめ細かな指導が受けられるという点です。苦手克服のために特定の分野を集中的に学習することも可能ですし、質問しやすい環境であるというのも魅力ポイントです。

Menu